カフェバーの読み物

カフェ

厳選!札幌のおすすめカフェ19選!お洒落な隠れ家スポットも

ホーム コラム カフェバーの読み物 カフェ 厳選!札幌のおすすめカフェ19選!お洒落な隠れ家スポットも

仕事に行く前やランチ後に一息つくためだったり、友達との待ち合わせや、食後のおしゃべりに利用しやすいカフェなど、カフェといってもいろいろなタイプのお店があり、それぞれの個性を楽しみつつ、使いこなせたらいいですよね。

そこで本記事では、それぞれの目的に合った札幌のおすすめカフェをご紹介します。

きっとあなたの目的にピッタリなカフェが見つかるはずです。

また、札幌の円山公園エリアに絞ったカフェもご紹介しております。円山と言えば閑静で高級住宅街のイメージで、札幌で住みたいランキング上位のエリアです。そんな円山エリアだけに絞った目的シーン別のカフェを以下の記事でご紹介しております。ぜひお時間ありましたらお読みいただければ幸いです。

>>おすすめのお洒落カフェ21選!目的・シーン別に紹介

それでは、さっそく本題へいきましょう。

札幌で一番お洒落なカフェ/RY’S cafe bar

RY'Scafebar(アールワイズカフェバー)

当店RY’S cafe barは、「札幌で一番お洒落で雰囲気のあるカフェバー」をコンセプトに、細部にまでこだわった豪華なインテリアをはじめ、海外から取り寄せた家具やアート作品を多様なルートから収集し、2年の歳月をかけて作り上げた優美な空間で非日常的な時間と体験をご提供しております。

当店にしかないオリジナルのコーヒーや、当店自慢のワッフルは沢山の方々にご好評いただいております。

また、夜のBAR営業では、品揃え豊富な高級ワインやプロのシェフが腕を振るったオリジナルのフードメニューをご堪能いただけます。

インスタ映え間違いない当店では、おかげ様で様々なメディア様に紹介していただき、沢山のお客様方にご来店いただいております。ぜひ友人の方やご家族はもちろん、デートにもお勧めいたします。

店名RY’S cafe bar(アールワイズカフェバー)
住所北海道札幌市中央区北4条西24-2-16-2F
[地図を見る]
電話番号050-3187-4155
営業時間カフェ:11:00~15:00(L.O.14:30)
BAR :17:00-24:00(L.O.23:30)
定休日なし
駐車場2台
店舗サイトhttps://rys-cafe.bar/
SNSFacebook
Instagram
Twitter

ワンランク上のランチが楽しめる!札幌でランチがおいしいカフェ

いわゆるカフェ飯はおしゃれでかわいいものが多いですが、栄養バランスやおいしさも気になるところ。

ワンプレートで収まりがちなカフェの食事とは一線を画した、ワンランク上の食事を出してくれるお店を集めてみました。

FAbULOUS(ファビュラス)

出典:食べログ

地下鉄東西線のバスセンター駅からすぐのところにあるFAbULOUSは、モーニングの時間帯から夜まで終日営業しているのが嬉しいポイント。

アンティークな雰囲気の質感がある家具で構成されたインテリアは、大きな窓から差し込む陽射しが心地よく、店内に配されたたくさんのグリーンが心を癒やしてくれます。

FAbULOUSの特徴はなんといってもその料理やドリンクの豊富さにあります。

名物でもあるそば粉を使ったガレットは、香ばしい匂いが食欲をそそり、さまざまな具材ものってボリュームもたっぷりです。

他にも、シーズンごとに内容が変わる「季節のパルフェ」や、フルーツをたっぷり使った「スムージー」、そして具材をこれでもかと挟んだ断面が楽しい「ファビュラスサンド」など、おいしいものを食べながら友達とゆっくりおしゃべりしたいときにぴったりのお店です。

店名FAbULOUS(ファビュラス)
住所札幌市中央区南1条東2丁目3-1 NKCビル1F
[地図を見る]
電話番号011-271-0310
営業時間9:00-21:00(ランチタイム11:30-15:00、ディナータイム17:00-21:00)
定休日不定休
駐車場なし(近隣にコインパーキング多数あり)
店舗サイトhttp://www.rounduptrading.com/
SNSFacebook
Instagram
twitter

和田珈琲館

出典:食べログ

どことなく昭和を感じさせる外観が、なんとなくほっこりした気分にしてくれる和田珈琲館。

コーヒーやスイーツもおいしいのですが、なんとしても目指したいのはランチタイムの「和田珈琲館プレート」です。

カフェのランチタイムというと、ワンプレートにメインもサラダも盛り付けられているものや、おしゃれな雰囲気だけれどボリュームは少なめ、といったお店が多い中、和田珈琲館プレートはご覧の通りのボリューム感!

たくさんの小鉢に炊き込みご飯やスープ、グラタンやサラダなど、栄養バランスの良い、色とりどりのおかずがトレーに目一杯盛り付けられてくるのが嬉しいところです。

もちろんドリンク付きで、おいしいコーヒーなどを食後に楽しめるのも高ポイント。

からだにやさしくおいしいごはんの後に、友達とのんびりおしゃべりを楽しむのにうってつけです。

店名和田珈琲館
住所札幌市東区北49条東16丁目7-3
[地図を見る]
電話番号011-785-5778
営業時間10:00-21:00
定休日日曜日
駐車場あり
店舗サイトなし
SNSなし

Moliere Cafe 降っても晴れても

(出典:公式サイト

北海道のお土産として真っ先に名前の上がる、六花亭が運営する高級フレンチレストラン「モリエール」のカジュアルラインでもあるのが「Moliere Cafe 降っても晴れても」です。

店内にはアイランドキッチンのような調理場があり、料理を作る様子を見ながら過ごせるのも楽しみのひとつ。

しかも、六花亭本店の9階にあるため、札幌の街を眺めながら食事やスイーツを楽しむことができます。

ランチコースはプリフィックスで、メインが1品か2品かをチョイスできます。

ティータイムはミルフィーユやタルトタタンなどとドリンクを楽しめるセットメニューが用意されています。

友だちの誕生日や、頑張った自分へのご褒美に、ちょっとした贅沢をするのにぴったりのお店です。

店名Moliere Cafe 降っても晴れても
住所札幌市中央区北4条西6丁目3-3 六花亭 9F
[地図を見る]
電話番号011-221-2000
営業時間11:00-14:00、14:00-16:00、17:30-20:00
定休日水曜日(定休日以外に不定休あり)
駐車場なし
店舗サイトhttps://sapporo-molierecafe.com/
SNSInstagram

カフェといったらやっぱりスイーツ!札幌でスイーツがおいしいカフェ

カフェを訪れる理由はさまざまですが、やはりおいしいスイーツのある店を見つけたり、噂に聞いたりすると実際に食べたくなって、お店に足を運びたくなりますよね。

札幌ではすっかり定着した「夜パフェ」を楽しめるお店はもちろん、今まで楽しんでいたスイーツの概念を覆してくれるようなお店、さらにそのおいしさだけでなく、写真映えする可愛らしさが評判のスイーツを提供しているお店をご紹介します。

PATISSERIE Salon by S

出典:食べログ

和栗を使った究極のモンブランと、季節の果物を合わせたパルフェが人気なのが、「PATISSERIE Salon by S」です。

厳選した食材を使ったパルフェはもちろん、バタフライピーを使ったジュレや、希少な「べつかいバター」を使って焼き上げられる、香り高いタルトやクロワッサンを使ったスイーツなどもあり、メニューを見ながら目移りすること必至です。

ドリンクも充実しており、コーヒーに加えて日本茶やオーガニックのハーブティー、紅茶を使ったカクテルなどのお酒も楽しむことが出来るので、お酒を飲みに行った帰りの締めパフェに付き合ってもらうときにも、遠慮せずに誘うことができそうです。

店名PATISSERIE Salon by S
住所札幌市中央区南二条西7-1 M’sスペース2nd 2F
[地図を見る]
電話番号050-5457-0927
営業時間火曜日 14:00-20:00
木曜日 14:00-20:00
金曜日 16:00-23:00
土曜日 14:00-17:30
    19:00-23:00
日曜日 14:00-20:00
定休日月曜日、火曜日不定休
駐車場なし
店舗サイトhttps://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1065512/
SNSInstagram

ショコラティエマサール本店

出典:Retty

奥深いショコラの世界を覗き見るなら、ぜひ訪れてほしいのがショコラティエマサール本店です。

世界中から厳選したチョコレートが常時40~50種類揃い、それを使い分けて作るスイーツに定評があります。

人気のショコラパフェ「アレ・ドゥ・ラヴァン」はどこを食べてもチョコレートなのに、一口一口が違う味や香り、食感を楽しめる逸品。

もちろん、カットケーキやボンボンショコラ、チョコレート菓子や焼き菓子など、バラエティ豊かなチョコレートの楽しさを垣間見ることの出来るお店です。

予約してゆっくりパフェやコーヒーを楽しむのもよし、ソフトクリームでカジュアルに味わっても、その深遠な世界を覗くことが出来ますよ。

店名ショコラティエマサール本店
住所札幌市中央区南十一条西18-1-30
[地図を見る]
電話番号011-551-7001
営業時間ショップ 10:00-19:00
サロン 10:00-18:30
定休日火曜日(イベント時変更あり)
駐車場11台あり
店舗サイトhttps://www.masale.jp/
SNSFacebook
Instagram

SHIRAYUKI

出典:食べログ

最近流行のフレッシュのいちごを使ったいちご飴を、札幌でいち早く取り入れていたのがSHIRAYUKIです。

いちごのスイーツも魅力的ではありますが、抹茶やほうじ茶を使用したパルフェドリンクやラテ、フルーツをたっぷり使ったソーダなど、バラエティ豊かで思わず写真に収めたくなる、可愛いドリンクやスイーツがずらりと並んでいます。

2層になったボトルドリンクもテイクアウトにぴったりで、下に入っているミルクゼリーの層を崩しながら、そのふるふる食感を楽しむことが出来ます。

お店の佇まいも小さなコーヒースタンドのような雰囲気で、待ち合わせなどで気軽に立ち寄りたいスポットです。

店名SHIRAYUKI
住所札幌市中央区南1条西5-8 愛生舘ビル 1F
[地図を見る]
電話番号080-3239-0462
営業時間12:30-19:00
定休日不定休
駐車場なし
店舗サイトhttps://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1053316/
SNSFacebook
Instagram

コーヒーがおいしいのは基本中の基本。バリスタがいる札幌のカフェ

カフェに訪れるときに何に重きをおくかは、その人によって違うかも知れませんが、カフェの主要ドリンクでもあるコーヒーがおいしい、というのは基本中の基本だといえるでしょう。

そういう意味では バリスタがいるお店は、確実においしいコーヒーを楽しませてくれるという安心感や信頼感があるといえます。

ここでは世界大会で上位入賞しているバリスタがいるカフェを中心にご紹介します。

スタンダードコーヒーラボ

出典:Retty

スタンダードコーヒーラボは、2005年に藤野に自家焙煎珈琲店をオープンしたのがそのはじまりです。

以来スペシャルティコーヒーに力を入れ、コーヒーやラテはもちろん、アレンジドリンクや、コーヒーと共に楽しむスイーツにも工夫を重ねています。

なによりも居心地の良い店内の雰囲気や気持ちの良い接客と、世界大会で優勝した経験を持つバリスタがていねいに淹れるコーヒーは、他では味わうことの出来ない逸品です。

深夜1時まで営業していることや、コーヒー以外にワインを提供していることもあり、仕事帰りにふらりと寄るのにもぴったりです。

店名コーヒー&ワイン スタンダードコーヒーラボ
住所札幌市中央区南3条西7-7-4
[地図を見る]
電話番号011-211-6706
営業時間[月~金] 8:00-翌1:00
[土・日・祝] 10:00-翌1:00
定休日木曜日
駐車場なし
店舗サイトhttps://standardcoffeelab.com/
SNSなし

ease cafe

出典:パンケーキ部

バリスタカップで優勝したバリスタがいるease cafe。

最上級のスペシャルティコーヒーを使ったエスプレッソブレンドのコーヒーを楽しむことが出来るだけでなく、フードメニューが充実していることでも人気のカフェです。

ランチタイムにはオリジナルメニューの「チキングラニール」やドリア、パスタといった料理が楽しめるほか、ふわふわと口どけの良いパンケーキを目当てに来店する人が多いことでも知られています。

ホイップクリームとともにパンケーキを食べると、口の中でカスタードクリームのような味わいを楽しめるパンケーキは、季節限定のメニューもあり、定期的に訪れたくなります。

香り高いコーヒーを使ったカフェラテは繊細なラテアートを楽しむこともでき、お腹も心も満たされるお店です。

店名ease cafe
住所札幌市東区北九条東1-1-8 札幌共和女子学生会館 1F
[地図を見る]
電話番号011-731-9102
営業時間11:30-17:00
定休日不定休
駐車場あり
店舗サイトhttps://www.sapporo-easecafe.com/
SNSInstagram

丸美珈琲店

出典:食べログ

スペシャルティコーヒーに特化した専門店として丸美珈琲店が札幌にオープンしたのは2006年のこと。

以来、バリスタの後藤栄二郎さんは、SCAAのカッピングジャッジや生豆鑑定士、ワールドカップテイスターズチャンピオンシップ2009では世界第3位に入賞、2013年に行われたジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップでは日本一に輝くなど、世界トップクラスのバリスタとして活躍しています。

そんなバリスタのいる丸美珈琲店で楽しめるのは、それぞれのコーヒー豆が持つ個性的な味わいや香りを引き出した極上の1杯。

これまでコーヒーは苦くてあまり得意ではなかった人でも、お気に入りの1杯が見つかります。

また、スペシャリティコーヒーにふさわしく、コーヒーカップもマイセンのブルーオニオンを定番として使うなど、とびきりのコーヒーをゆっくり味わいたいときに訪れたいお店です。

店名丸美珈琲店
住所札幌市中央区南1条西1丁目2 松崎ビル1階
[地図を見る]
電話番号011-207-1103
営業時間[月~土]
10:00-20:00
[日・祝]
10:00-19:00
定休日無休
駐車場あり
店舗サイトhttps://www.marumi-coffee.com/
SNSなし

電源も使えて安心!仕事をするのに便利な札幌のカフェ

リモートワークが推進されるようになって、カフェやコワーキングスペースで仕事をする人も増えている今、やはり便利なのは電源が取れるカフェでしょう。

スターバックスコーヒーやドトールコーヒーにも電源はありますが、もうちょっと違ったフードが食べたいときや、おいしいコーヒーが楽しみたいときに、いくつか選択肢があるといいですよね。

ここでは、静かに仕事が出来るお店や、札幌駅の近くでちょっと仕事をというときに便利なカフェをご紹介します。

ボンサルーテカフェ

出典:食べログ

読売新聞社本社の1階にあるボンサルーテカフェは、スッキリとしたシンプルな内装とガラス張りの外観が目印になるカフェ。

電源が使いたい人は窓際にあるカウンター席を選べば間違いがありません。

店内は広々とした空間で静かなので、集中して仕事がしたいときなどにおすすめです。

フードは北海道産の食材を使用したメニューが充実しており、ドリンクもコーヒーや紅茶、ソフトドリンクに加えて、ビールやハイボールなどのアルコールも揃っています。

店名ボンサルーテカフェ
住所札幌市中央区北4条西4-1-8 ホテルグレイスリー札幌 1F
[地図を見る]
電話番号011-251-3804
営業時間11:30-15:00
定休日12月31日・1月1日のみ休み
駐車場なし
店舗サイトgracery.com/sapporo/
SNSInstagram

蔵味珈琲 札幌ル・トロワ店

出典:食べログ

商業施設のル・トロワの3階にあり、季節のフルーツを使ったスイーツやフルーツサンドなどが豊富に揃うお店としても知られる蔵味珈琲 札幌ル・トロワ店。

テレビ塔近くの立地の良さもあり、待ち合わせなどで利用する人も多いこのお店、実は電源がとれる席があるのをご存知ですか?

電源が取れる席があるのは、フロアの中央辺りにある、テーブルタイプのカウンター席。

店員さんが席に案内してくれるタイプのお店なので、入店する際に電源がとれる席をお願いするようにしましょう。

ちなみにフリーのWi-Fiもあるので、おいしいコーヒーやスイーツを楽しみながら、気分を変えて仕事をするのに向いています。

店名蔵味珈琲 札幌ル・トロワ店
住所札幌市中央区大通西1-13 ル・トロワ 3F
[地図を見る]
電話番号011-206-0631
営業時間10:00-21:00
定休日不定休
駐車場あり
店舗サイトhttps://www.italiantomato.co.jp/
SNSなし

カフェクロワッサン 札幌アピア店

出典:食べログ

札幌駅の近くで出張前に確認のメールをしたり、資料を仕上げたりするのにおすすめなのが、札幌アピアにあるカフェクロワッサンです。

クロワッサンを使ったサンドイッチやケーキが楽しめるほか、ドリアやガパオライス、カレーなどのしっかりした食事も楽しむことが出来ます。

電源があるのは中央のカウンター席。

席数も多く、立地的にも使いやすいので覚えておくと何かと便利です。

店名カフェクロワッサン 札幌アピア店
住所札幌市中央区北5条西4丁目 札幌駅南口広場地下街
[地図を見る]
電話番号011-251-5777
営業時間7:30-22:00
定休日不定休
駐車場なし
店舗サイトhttp://www.apiadome.com/shop_detail/121
SNSなし

ゆっくり読書を楽しみたい、ひとりでのんびりくつろげる札幌のカフェ

居心地の良いカフェの、座り心地のいいソファに座って、香りの良いコーヒーを飲みながら大好きな本を読むゆったりとした時間は、読書好きにとっては至福のひととき。

札幌市内や近郊にはブックカフェもいくつかあり、足を向けてみれば新たな本との出会いも生まれ、新しい世界の扉がまたひとつ開きます。

コーヒーを楽しみながらゆっくりとお気に入りの本を読んでくつろげるカフェをここではご紹介します。

WORLD BOOK CAFE

出典:食べログ

WORLD BOOK CAFEは、その名前の通り、世界をテーマにした本がたくさん揃うブックカフェです。

さまざまな国の風景の写真集や、旅をテーマにしたガイドブックやエッセイなどの本が揃い、店内で読むことが出来るようになっています。

店内で読みきれなかった本は、2週間貸し出してくれる「店内図書館」というサービスもあり、本好きには嬉しいことがいっぱいのカフェです。

もちろん、おいしいコーヒーなどのドリンクや、本格的なスイーツ、ランチにはパスタなども用意されています。

ゆったりと配置されたソファやテーブルで、ゆっくりと海外の写真集の頁をめくれば、遠い異国へ旅した気分が楽しめそうです。

店名WORLD BOOK CAFE
住所札幌市中央区南1条西1丁目 大沢ビル 5F
[地図を見る]
電話番号011-206-7376
営業時間12:00-22:00
[ランチ]12:00-16:00
[ディナー]17:30~21:00
定休日不定休
駐車場なし
店舗サイトなし
SNSなし

モリヒコ藝術劇場

出典:食べログ

札幌でコーヒーを楽しむなら森彦、というほど、人気のあるコーヒー店である森彦が、2018年にオープンした「さっぽろ創生スクエア」に出店したのがモリヒコ藝術劇場です。

さっぽろ創生スクエアは音楽やアートなどの芸術に加え、食などの文化を発信することを目的として作られた施設ですが、そうしたコンセプトもあり、4万冊もの蔵書がある「札幌市図書・情報館」が併設しています。

モリヒコ藝術劇場ではその本を持ち込んで読めるほか、情報館の司書がチョイスしたさまざまなジャンルの本も並び、好みの本を選んでゆっくり楽しむことが出来ます。

カフェメニューはもちろん森彦ならではのホッとするような、それでいて上質な味わいのものばかり。

フルーツサンドやガトーフロマージュとともにコーヒーを味わいながら、座り心地の良いソファでゆったりとした時間を過ごせますよ。

吹き抜けのある空間は開放感もあり、ビルの中にありながらもたっぷりと太陽の光が降り注ぐ気持ちの良い空間で、ついつい長居してしまいそうです。

店名モリヒコ藝術劇場
住所札幌市中央区北1条西1 札幌市民交流プラザ 1F
[地図を見る]
電話番号011-590-6540
営業時間[月~金] 9:00~20:00
[土・日・祝日] 9:00~20:00
定休日無休
駐車場あり
店舗サイトhttps://www.morihico.com/
SNSFacebook
Instagram
twitter

Brown Books Cafe

出典:食べログ

Brown Books Cafeはすすきのの雑居ビルの2階と3階にあるブックカフェ。

もともと円山にあった人気店で、2022年3月にすすきのの現在の場所に移転してきました。

落ち着いた雰囲気の店内にはたくさんの本が並び、3階にはステンドグラスがあるのも素敵です。

西区二十四軒にある「オーガニック珈和堂」に委託焙煎した、オーガニックのコーヒー豆を使ったコーヒーは、ほんのりとした甘みが感じられ、口当たりがやわらかくてまろやか。

オリジナルの焼き菓子や季節のタルトも楽しめるほか、ミートソーススパゲティなどの軽食や、ビールやコーヒー焼酎などのアルコールも揃っています。

店の入口にあるショップでは、海外で買い付けてきたヴィンテージ雑貨や古本を購入することもでき、タイムスリップしたような時間を過ごすことが出来ます。

店名Brown Books Cafe
住所札幌市中央区南3条西7-7-26 2F
[地図を見る]
電話番号011-221-6333
営業時間11:00-22:00
日曜のみ11:00-19:00
定休日水曜日
駐車場なし
店舗サイトhttps://brownbookscafe.com/
SNSInstagram

心地よい音楽と落ち着いた雰囲気が魅力の隠れ家カフェ

写真映えするパフェやスイーツを楽しめるお店も、ちょっと特別な日に使いたくなるような、フードの充実したカフェは知っていると便利ですよね。

でも、本当にあったらいいなと感じるのは、仕事帰りにふらりと寄って、気分が切り替えられるような、ちょっと秘密にしておきたくなるようなカフェではないでしょうか。

心地よい音楽が流れ、ゆっくりとコーヒーを楽しみながら気分をリセットできる、そんなお店をご紹介します。

ACE COFFEE ROASTER

出典:食べログ

札幌市豊平区の南平岸駅という、いわばベッドタウンの駅前にACE COFFEE ROASTERはあります。

駅前とは言うものの、ちょっと奥まったところにある店は、秘密の隠れ家感たっぷりの雰囲気です。

ヴィンテージな雑貨がディスプレイされた、シックで落ち着いた店内で楽しめるのは、選りすぐりのスペシャルティ・コーヒーと、シンプルでありながらその見た目が個性的なプリン。

他には季節のタルトなどもその時によってメニューに加わります。

店内にはイギリスの名門メーカーとして知られるタンノイのスピーカーが置かれ、心地よい音楽が流れ、それとともにゆったりとした時間が流れています。

こんなふうに秘密めいたカフェで、ワイングラスに淹れられたスペシャルティ・コーヒーの繊細な香りや味わいを感じながら、ゆっくりと1日を振り返るのも素敵ですね。

店名ACE COFFEE ROASTER
住所札幌市豊平区平岸3条13-7-18 平岸メインハイツ 1F
[地図を見る]
電話番号090-5951-9185
営業時間11:00-18:00
定休日月曜日
駐車場なし
店舗サイトhttps://www.acecoffeeroaster.com/
SNSFacebook
Instagram

boiler

出典:食べログ

札幌市北区新川という、車でないとアクセスの良くない場所にあるのが、boilerというカフェ。

まるで美術館のような外観で、パッと見てカフェだと気づく人は少ないかも知れません。

お店の中には雑貨を販売しているショップコーナーがあったり、スター・ウォーズのグッズやレコードが展示されているスペースがあり、おしゃれでありながら、遊び心を散りばめたような雰囲気です。

コールドブリューやオリジナルブレンドのコーヒーとともに楽しめるフードは、バスクチーズケーキのようなスイーツから、エッグベネディクトやチリドッグなどの軽食までバラエティ豊か。

居心地の良い空間でゆっくりコーヒーを味わう傍ら、おしゃれな雑貨を選んだりするのも時には楽しいものですよね。

わざわざ足を運んでものんびり過ごしに行きたくなる店です。

店名boiler
住所札幌市北区新川7条16-709-1
[地図を見る]
電話番号011-792-1010
営業時間[月~金]11:00-18:00
[土・日]10:00-18:00
定休日無休
駐車場あり
店舗サイトなし
SNSInstagram

Salvador Coffee

出典:食べログ

札幌市電の石山通駅近くにあるお店ですが、うっかりすると見落としてしまいそうなところにあるSalvador Coffee。

店内にはスタンダードジャズが流れ、心地良い空気が流れています。

ドリンクはスペシャルティ・コーヒーをはじめ、焙煎の仕方も中煎りや深煎りなど、さまざまなタイプのコーヒーが揃い、あまりコーヒーに詳しくない人でもいろいろ質問しながら好みのものを選ぶことが出来るのが嬉しいポイントです。

フードはカヌレやバナナケーキなどのスイーツに加え、軽いおつまみも。

夜はワインを楽しむこともでき、ワインリストはその日によって変わります。

リラックスした雰囲気が魅力的な店のカウンターに座り、肩の力を抜いてコーヒーを味わえば、1日の疲れもすーっと抜けていきそうですね。

店名Salvador Coffee
住所札幌市中央区南21条西11-4-11
[地図を見る]
電話番号050-3743-7233
営業時間12:00-18:30
定休日不定休
駐車場なし
店舗サイトなし
SNSFacebook

まとめ

札幌駅の風景

カフェといってもチェーン店のカフェからスペシャリティコーヒー専門店まで、非常にバラエティが豊かなのが今の札幌のカフェ事情。

提供しているフードやコーヒーの種類も本当にそれぞれで、その中から好みのものを探し出すのはちょっとむずかしいかも知れません。

ですから、初めて飲むタイプのコーヒーについては、どんどん質問をするようにすれば、自ずと新しい世界が開けるといえるでしょう。

奥深いコーヒーの世界の入口となってくれるお気に入りのカフェを、あちこち巡って探していきたいですね。