ワインの読み物

ワインの銘柄

シャトー・ラフィット・ロートシルト(Chateau Lafite Rothschild)

ホーム コラム ワインの読み物 ワインの銘柄 シャトー・ラフィット・ロートシルト(Chateau Lafite Rothschild)

シャトー・ラフィット・ロートシルト(Chateau Lafite Rothschild)は、世界のワイン好きが憧れる「王のワイン」と呼ばれる最高級の赤ワインです。ワインの生産者のランクを決める格付けでは、トップランクの中でも第1位に輝き、1855年から今日に至るまで頂点の座を譲ったことはありません。

この記事では、「フランスの誇り」とも呼ばれる名門シャトーで作られた最高級のワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」について詳しく紹介していきます。

シャトー・ラフィット・ロートシルトの名前の由来

出典:Platinum-wine

シャトーとは、ボルドー地方にて「自社のブドウ畑を持ち、栽培、醸造、瓶詰めまでを行う生産者」を意味する言葉です。

シャトー・ラフィット・ロートシルトは従来、ワインの原材料となるブドウ「カベルネ・ソーヴィニヨン」を小高い丘で育てていました。そのため、「小高い丘」を意味するガスコーニュ地方の言葉「La Hite(ラ・イット)」が変化した「ラフィット」がワインの名前に含まれているのです。

1868年からはロスチャイルド家がシャトー・ラフィットの所有者となり、「ロスチャイルド」のドイツ語の発音、「ロートシルト」がワインの名に加わることになりました。

シャトー・ラフィット・ロートシルトの歴史

出典:FELICITY

シャトー・ラフィット・ロートシルトの地では、ブドウの栽培は中世から行われていましたが、シャトーとして名が知れ渡ったのは17世紀にセギュール家が所有者になってからでした。

1670年代〜1680年代にかけてジャック・ド・セギュールは、ラフィットの他にも「ラトゥール」や「カロン・セギュール」などの土地の広い農園を購入し、ブドウ畑の規模を広げました。

ブドウの生産が増えた事によりワインの製造に一層力を入れ、本格的なワイン作りが始まったのです。

1868年には、ロスチャイルド家がラフィットのシャトーを落札して所有権はロスチャイルドへ。病害や戦争などの困難を乗り越えて、1950年代にエリー男爵へと引き継がれました。エリー男爵は、ブドウ畑や施設の見直しをし、更にシャトーが向上するよう努めました。

その後、1970年にはエリー男爵の甥であるエリック男爵がシャトーを引き継ぎ、ワインのクオリティを維持し続け、2018年からは娘のサスキアが6代目に就任しています。

伝統を大切にしつつも、さらなる高みを目指し続けているからこそ、ボルドー地方のシャトーの筆頭として、その地位を確立できているのです。

シャトー・ラフィット・ロートシルトのシャトーの格付け

出典:PR TIMES

1855年のパリ万博の際には、ボルドー最古のワインの格付けである「メドック公式格付け」が行われました。ボルドー地方には6,500以上のシャトーがありますが、メドック公式格付けへのエントリーが許されたシャトーはわずか61。

厳しい審査で選ばれた特級を意味する「グラン・クリュ」には、シャトー・ラフィット・ロートシルトを含め5つのシャトーがランクインしました。

そして、その5大シャトーの中で見事「グランクリュ第1位」に輝いたのが、シャトー・ラフィット・ロートシルトであり、ボルドー地方の6,500以上あるシャトーの頂点に君臨したのです。その後は格付けの見直しもされていますが、シャトー・ラフィット・ロートシルトのクオリティを超えるワインは未だに現れていません。

つまり、シャトー・ラフィット・ロートシルトは、現在に至るまで王座を守り抜いている、不動のチャンピオンワインなのです。

ボルドー地方の「5大シャトー」の頂点に輝いたラフィット。名声を手に入れたからこそ、ワインの質が落ちることは許されません。

高品質なワインを作り続けるためには、たゆまぬ努力と熱心な研究、そしてワインへの熱い情熱が必要不可欠です。変わらぬクオリティで世界最高峰のワインを作り続けるラフィットは、間違いなく「フランスの誇り」と呼ばれるにふさわしい名門シャトーでしょう。

シャトー・ラフィット・ロートシルトが「王のワイン」と呼ばれる由来

出典:OMAKASE

品質改善に力を注ぎ、質の高いワイン製造を行ってきたラフィットは、離れた土地のヴェルサイユで注目されたことがきっかけで一躍有名になりました。

18世紀、ルイ15世の寵愛を受けたポンパドゥール夫人が好んで飲んでいたワインこそが「シャトー・ラフィット・ロートシルト」だったのです。

ヴェルサイユ宮殿での晩餐会にはラフィットのワインが毎晩用意されており、そこからルイ15世が嗜む「王のワイン」として、一気にシャトー・ラフィット・ロートシルトの名が広まりました。

貴族の間ではラフィットのワインを飲むことがステータスシンボルであり、身分や地位の象徴とされるほど地位や名誉のあるワインになったのです。

それまでブルゴーニュ地方のワインが主流だった貴族間にとって、メドックワインの素晴らしさに気づいた革命的なワインともいえるでしょう。

シャトー・ラフィット・ロートシルトの評価

良いワインを知るために、多くの人々はワイン評論家や有名ワイン雑誌が審査した点数を参考にします。王のワインと呼ばれる「シャトー・ラフィット・ロートシルト」は、数多くの評論家や雑誌に評価されてきました。

ひとことで「シャトー・ラフィット・ロートシルト」といっても、作られた年代によって評価は大きく変動します。それは、寝かせる時間が味や風味に影響しているからです。

しかし、どの年代のワインも総じて高得点が付けられており、フランスの誇りと呼ばれるにふさわしい名門シャトーであることを物語っています。その中でも一番評価が高かったのはヴィンテージ2016年のシャトー・ラフィット・ロートシルトです。

ワイン評論家のジェームズ・サックリングとジェブ・ドゥナックに加えて、有名なワイン雑誌「デキャンター」までもが100点満点と評価しました。

ワイン評論家の中でも自身の名がついた「パーカーポイント」を持つロバート・パーカーと、ワイン誌のワイン・エンスージアストは99点と評価。

そして、有名なワイン雑誌のワイン・スペクテーターさえもが98点と高評価点数をつけました。つまり、シャトー・ラフィット・ロートシルトは、誰もが認める最高級のワインなのです。

ロバート・パーカーは、1975年からシャトー・ラフィット・ロートシルトの評価をしていますが、現在に至るまで5回も100点満点と評価した年があります。

それは、1982年、1986年、1996年、2003年、2018年です。

評論家達を唸らせた最高級のワインを味わいたい場合は、パーカーポイントが高い年代のワインを選ぶと良いでしょう。

シャトー・ラフィット・ロートシルトのテイスティング

5大シャトーの筆頭として、称賛される味わいになるためには、長い期間が必要なこともラフィットワインの特徴です。カベルネ・ソーヴィニヨンの割合が非常に高いため、若いワインの場合は香りが感じづらく、渋い印象を受けてしまいます。

しかし、渋い印象のワインを10年、20年と寝かせることで驚くような味わいに変化するのです。シガーや西洋杉を彷彿とさせる、洗練された優雅な香り。まろやかなタンニンが味の奥深さを作り出すとともに、キメの細かい繊細な味わいも感じさせます。

後味はエレガントな風味が上品に残り、「王のワイン」と呼ばれた当時の情景を思いながら、至福の時間を味わえることでしょう。

シャトー・ラフィット・ロートシルトの詳細

ワイン名                    シャトー ラフィット ロートシルト
原語Château Lafite Rothschild
タイプ赤ワイン
飲み口辛口
ボディフルボディ
味わいの特徴濃厚な果実の深い味わいと、スパイスや樽の香ばしさや豊かなタンニンが、濃密でふくよかな複雑な風味を作りだします。若いワインは渋い印象を受けますが、10年、20年寝かせることで繊細でエレガントな本来の味が発揮されます。
産地フランス ボルドー地方
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン , メルロ , カベルネ・フラン , プティ・ヴェルドなど
熟成期間オーク材の新樽で18~20カ月熟成
飲み頃の温度16~18℃
合う料理ステーキなどの肉料理や、濃厚なクリームやチーズを使用した料理

シャトー・ラフィット・ロートシルトを購入できるオススメ通販サイト7選

「王のワイン」と呼ばれたシャトー・ラフィット・ロートシルトは通販サイトでも購入できます。

保管環境や、配送方法にこだわったワインショップが多いので、より良い状態で、最高峰のワインを堪能できるでしょう。シャトー・ラフィット・ロートシルトを取り扱っている通販サイトを7つご紹介いたします。

CORKA

「長い歴史のなかで多くの人を魅了してきた<本物のワイン>を少しでも多くの人に味わっていただきたい。」これは、世界最高級のワインの専門サイトCORKAが掲げたモットーです。

CORKAではシャトー・ラフィット・ロートシルトをはじめとする、5大シャトーのワインを取り揃えています。最も歴史のある格付けで第1級にランクされた最高峰のワインを味わってみてはいかがでしょうか。

CORKA

dragee

ワインショップdrageeでは、シャトー・ラフィット・ロートシルトを年代別に数多く取り揃えています。正午までに注文をすると、最短で当日出荷も可能です。配達地域にもよりますが、飲みたいと思った次の日には、世界最高峰のワインを自宅で味わうことができます。

また、ソムリエが厳選したワインセットやプレミアムワインSALEなどもあるので、ワインの種類を悩んでいる時や、お得に購入したい時にも役立つワインショップです。

dragee

FELICITY

サイト内で検索する際、産地や生産者だけでなく格付けランクや受賞ワインなど、商品カテゴリーが細かく分けられているため、お目当てのワインを探しやすいです。

新たに自分好みのワインを見つける事にも適しています。また、オーダーメイドでワインボトルに好きな文字を彫刻してくれる「名入れ彫刻ギフト」もおこなっています。

誕生日やパーティなど特別な日の贈り物にピッタリの、世界に1つの特別なワインギフトをオーダーしてみるのはいかがでしょうか。

FELICITY

WINE SHOP FUJI

フジコーポレーションが運営するネットショップです。オリーブやパテなどのおつまみの他にも、パスタやイタリアの食材セットに加え、餃子や牛タンなどの食品もワインと一緒に購入できます。

配送時の温度変化によるワインの液漏れを考慮して、夏場はクール便を推奨しています。ワインが6本入るオリジナルワインバッグや、3種類のワイングラスも購入可能です。

WINE SHOP FUJI

wine grocery

wine groceryではフランスワインをはじめ、シャンパーニュやイタリアワインを中心とした世界各国のワインを取り揃えています。

販売している約3,000種類のワインは全て、厳しいテイスティングにより厳選された「本当に美味しいと感じるワイン」のみを販売しています。また、ワインの品質には細心の注意をはらい、ストックやスペースの温度も徹底して管理されています。

運送業者のヤマト運輸と共同開発した特別な梱包資材を使い、お客様の手元へ最高の状態のワインをお届けすることを何よりも大切にしているワインショップです。

wine grocery

AEON de WINE

イオンが運営しているワインのオンラインショップです。シャトー・ラフィット・ロートシルトが3本セットになった飲み比べセットが購入できます。

製造された年によって、味も風味も変わるシャトー・ラフィット・ロートシルト。贅沢な飲み比べセットでその年ごとの味を楽しむことも可能です。

AEON de WINE

wine shop sommelier

六本木に実店舗を持つ、「ハイクオリティ&スピーディ」をモットーとしたワインのオンラインショップです。ソムリエの資格を持ったプロが厳選したワインを購入できます。オンラインでは、ソムリエAIがひとりひとりに合ったワインを解析してくれるサービスがあるので、自分好みのワインを知ることも可能です。

また、入荷方法にもこだわり、海外からは最短ルートで輸入しています。保管する倉庫の温度や湿度設定を海外ワイナリーと揃え、ワインに負担がかからないように最適な状況を保っています。専門スタッフによる出荷時の再検品もおこなっているため、安心して購入することができます。

wine shop sommelier

シャトー・ラフィット・ロートシルトをご堪能いただけます

当店は、2021年12月31日「札幌で1番お洒落なカフェバー」をコンセプトに札幌円山にオープンいたしました。お昼の時間帯はカフェ、夜の時間はBARを営業し、BARの時間帯ではシャトー・ラフィット・ロートシルトはもちろんのこと、数多くの希少価値の高いワインをご用意しております。

また、プロが腕を振るった当店オリジナルのフードメニューは、ワイン一つ一つに合うように作り上げておりますため、ぜひワインと共にお召し上がりいただければ幸いです。

店名RY’S cafe bar(アールワイズカフェバー)
住所北海道札幌市中央区北4条西24-2-16-2F
[地図を見る]
電話番号050-3187-4155
営業時間カフェ:11:00~15:00(L.O.14:30)
BAR :17:00-24:00(L.O.23:30)
定休日無休
駐車場2台
Wi-Fi有り
電源4席
喫煙席全席禁煙
店舗サイトhttps://rys-cafe.bar/
SNSInstagram
Facebook
Twitter